ブログだと!よろしくね

日記です└(┐┘◠‿◠└┌)┘

UI展行って来たよ!

会場のアーツ千代田さんです!
所在地の3331っていう番号はたぶん部屋の位置でした。


UI…何のことだか分かりますか?自分は分かりません!!
ユーザーインターフェースの略字なので、「スマホとかに表示されるタッチパネルを最適化したものみたいな?」な印象で臨みました。
そんな印象で行ったせいか、UI自体はピンと来るものは少なく・・・


というワケで、予め「ノンデザイナーズデザインブック」で勉強して見につけたスコープで見て回ってみることにしました!


UI作品自体は低い台座にタブレット端末で展示されているのですが、視点を上げてみると作品の説明として壁にプレートが張られていました。
それに加え、小冊子の形式でポートフォリオを置いている人も。
それのデザインを見させてもらいました。


面倒なので詳しい説明は端折りますが、本の内容には
1「関連している事柄を近接させ、それ以外は離して差別化しろ」
2「見えないグリッド線を意識して、行と列を見やすくしろ」
3「点線なら点線、破線なら破線など同じ要素を繰り返し使い関係性を意識させろ」
4「大きな括りにフォントを(繰り返し)使ってさらに差別化、キャッチーさを高めろ」
5「原色、補色、トライアドで印象を操作しろ」
などがありました。


一個だけフォルダに画像が残ってたので5の説明をば・・・

カービィのチュートリアルのスクショです。
青、黄色、ピンクが目立ちますね。
原色とは「赤」「青」「黄色」の三色です。
この色を使うと子供向けっぽくなるとどっかで聞きました。

こんな感じ。
こういうのがデザインには潜んでいるわけです。


上に挙げた5つ。できてたらすげえな~って感じでプレートを見ると・・・なんと大体当てはまってる!
見落とすぐらいパッチリ嵌ってる!
やっぱりデザイン志望って半端もんなんていねえんだ・・・予習してなかったら本当に「見やすい」だけで終わってた。
しかもそれを自分で組み立てて完成させることのいかに難しいことか・・・


1つ1つの作品からすさまじい努力と熱気が感じられた展覧会でした。行ってよかった~!!
ゲームアーツ展も行きたかったね。会場のみなさんおつかれさまでした。