ブログだと!よろしくね

日記です└(┐┘◠‿◠└┌)┘

コンビニおばちゃん


【BGM】ファイアーエムブレム Echoes - 暁の方舟

暁の方舟 馬場泰久


まだミラさまぁ〜って頃のセリカのマップbgmです

ひたすらに優雅



頼まれる前に気づくのが良い
おせっかいを恐れていては親切すらできない
ものは人柄で買われる
見返りを期待しないスタンス
水準を下回らず派生する 基礎の見直しを
継続は大事91%


人生は夢だらけ

椎名林檎

好き興味でた


斉藤和義

歌うたいのバラッド




CINEMA4D
3DCGソフトウェア
学生無料版があるが、商用にできないデメリットがある
VRなどに使われそう


都筑区
大原みねみち公園、茅ヶ崎公園など
なんもねえ


宮前区
等覚院、とんもり谷戸など



更新世(土)先史 獲得の経済
700万年前、アフリカで猿人が誕生。打製石器(レキ石器)を使った。


その後500万年、原人も誕生した。原人にホモハビリスや、ホモエレクトゥスに属するジャワ原人や北京原人がおり、後者は火を使うことが出来たが、石器はまだ変化していない。
またこの原人時代に生息範囲がアフリカからヨーロッパ、東アジア、南アジアまで拡大した。


原人から200万年、旧人が生まれる。ヨーロッパのネアンデルタールが代表される。
脳はこのころ現生人類と同程度の大きさまで発達し、宗教の根幹となる埋蔵文化が生まれ、さらに剥片石器も使われるようになった。


新人
そこから40万年、新人が誕生。現生人類ホモ・サピエンスである。
ヨーロッパのクロマニョン人、中国の周口店上洞人などがいる
弓や骨角器が開発され、フランスのラスコー洞窟、スペインのアルタミラ洞窟などの洞穴絵画も残る。


ここまでを旧石器時代と呼ぶ。


完新世 歴史時代
今から一万年前、氷期が終わり獲得経済から生産経済に移行。
人々は定住を始め、磨製石器、土器、織物、煉瓦も発明。
これを新石器時代と呼ぶ。


メソポタミアでは灌漑農業が生まれる。これをキッカケに川の付近で都市が発達。シュメール人が繁栄する。
土を耕すための金属器、作物を育てるための奴隷(ヒエラルキー誕生)、交易のための文字、祈るための神殿
これを青銅、鉄器時代と呼ぶ。




西アジア


オリエント
中東にあった『陽の登るところ』を意味するオリエント。
雨が少なく、暑いので川を中心に栄えることになる。
遊牧、麦豆ナツメオリーブなどが栽培できる。


メソポタミア
ティグリス、ユーフラテス川に恵まれた土地で、前3000年にセム語族とインド、ヨーロッパ語族がいた
都市が発達するにつれ、独立が進み、ウル、ウルクなどのシュメール人の都市国家が生まれていく。
中央集権で豪華なシュメール文化を築くが、前2300年ごろセム語族のサルゴン一世率いるアッカド人に征服される。
アッカド人は分立していた都市国家をまとめ領域国家を作るが、グディ人の侵略により滅亡。
再びシュメール人がウル第3王朝を立て直す。
なお、言語はアッカド人のものが映ったままであり、文字はシュメール人の楔形文字であった。


メソポタミア2
シュメールが消えたのち、アムル人がバビロン第一王朝(古バビロニア)をおこし、ハンムラビ王のときメソポタミアを統一。
彼は治水をすすめ、ハンムラビ法典を作ったことで有名。
また、多神教、粘土板、六十進法、太陰暦、太陰太陽暦もこのあたり。
しかし、インドヨーロッパ語族のヒッタイトに鉄で通りすがりのに殴られ、カッシートに跡地を奪われ、ミタンニ王国にはシリアに進出され、衰退していった。


エジプト
ナイル川に恵まれたが、異民族に苦しむ。エジプト語族
『エジプトはナイルのたまもの』と呼ばれ、いかに川がやばいか伝えられている。
川を中心に県ノモスが発達していき、前3000年、ファラオによる統一国家が完成。長く続いたため、時代別に3つに分けられる。
古王国は、メンフィスに栄え、ファラオの神権政治に、クフ王のピラミッドが立つ。
中王国は、メンチュヘテプ二世が統一、テーベに栄えるが、ヒクソス人により衰退
新王国は、セケネンラー二世が再建、アメンホテプ4世が有名。
アメンホテプ四世は首都をテル=エル=アマルナに移し、アトン信仰の宗教改革を推してアマルナ美術を大成させた。




シリア、パレスチナ
エジプトとメソポタミアの中間に位置する。セム語族。ここからメソポタミアにかけて、『肥沃な三日月地帯』を形成。麦オリーブ


エジプトとメソポタミアを結ぶ役割があったため、セム語族のカナーン人が活躍。
また海の民のおかげでエジプト、ヒッタイトが交代したため、セム語族のフェニキア人、ヘブライ、アラム人が地中海へ向かった。
アラム人はのちダマスクスで中継貿易に従事。そのため交易言語がアラム語となり、オリエントに広がった。


フェニキア人はシドン、ティルスなどを建国し、クレタ、ミケーネが居ないのを確認し活躍。カルタゴを作った。
また、セム語族のカナーン人の表音文字からアルファベットを作成した。
ヘブライ人はパレスチナとエジプトにそれぞれ行ったが、ファラオの圧政に苦しみ、前1200年、モーセに連れられパレスチナに脱出。出エジプト
それから200年、ソロモンの死後イスラエルとユダに分裂。イスラエルはアッシリアに滅ぼされ、ユダも新バビロニアに征服。バビロン捕囚を受ける。


この三都市は作物への祈りを神に委ねる神権政治が発達していくことになる。